RSウイルスの蔓延

RSウイルスは特に0歳児、在胎35週以前の未熟児、心奇形合併児で優位に重症化するため、そのような症例では、シナジス投与が保険で行われています。実際には、あらゆる世代で患者がみられ、なかには肺炎にまで悪化するケースもあります。注意してください。