四種混合ワクチン:百日咳・ジフテリア・破傷風・ポリオ

四種混合ワクチン(DPT-IPV)は、百日咳、ジフテリア・破傷風・ポリオに対するワクチンです。簡単にこの4つの感染症について紹介します。

百日咳

百日咳は百日咳菌(Bordetella pertussis)による感染症で、7~10日間の潜伏期間を経て、カタル症状(いわゆる風邪の症状。鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳など)で発症し、その後次第に咳が激しくなります。夜間の発作が多く、新生児・乳児期にかかると重症化しやすく、致命率も高い、恐ろしい病気です。百日咳は周期的に流行を繰り返し、今後の動向に注意が必要です。

ジフテリア

ジフテリアは(Corynebacterium diphtheriae)による感染症です。2~5日間の潜伏期間を経て、発熱、咽頭痛(鼻の奥が痛い)、嚥下痛(飲み込む時に痛い)などで発症します。鼻ジフテリア、扁桃・咽頭ジフテリア、喉頭ジフテリアなどのタイプがあります。喉頭ジフテリアの場合、呼吸困難になり、気道閉塞で死に至ることもあります。幸い、国内では見かけることが少なくなりましたが、アジアでは流行報告があり、海外旅行者、海外在住者の感染症として注意が必要です。

破傷風

破傷風は(Clostridium tetani)が産生するテタノスパスミンという神経毒素によって発症する感染症です。3~21日間の潜伏期間を経て、開口障害、嚥下困難等の症状が出ます。重篤な場合は全身の筋肉が緊張し、海老ぞりになってしまうこともあります。(後弓反張といいます。)破傷風菌は土壌中に芽胞という殻にこもったような状態で存在します。けがをした際に傷口に土がついて、一緒に破傷風菌の芽胞が入り込むと、傷口で芽胞が発芽、増殖し破傷風毒素(テタノスパスミン)を産生するようになり、発症します。破傷風菌は土壌に存在するため、洪水や津波などの災害時に感染リスクが高くなります。

ポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオは小児での発症が多かったので「小児まひ」と呼ばれることが多いですが、こどもに限った病気ではありません。ポリオウイルスは感染者の糞尿から感染し、人の口から入り、咽頭や腸管で増殖します。感染しても、感染者の約95%は不顕性感染(感染はしているが病気が発症しない。)で、約5%が発熱、嘔吐、項部硬直(うなじが固くなる)、残りのわずか1~2%が髄膜炎になります。さらにわずかに0.1%程ですが、最も恐ろしいのは足または手に麻痺が残る麻痺型です。

 

予防接種Q&A集(その1)

Q1 予防接種をすればその病気にかかることはないのですか?

A1 予防接種を受ければ、接種した多くの人がその病気に対する免疫(抗体)を獲得しますが、その効果は決して100%ではありません。例えば、インフルエンザに対するワクチンでは総じて70~80%と言われていますし、はしかの予防接種を二回受けていても、残念ながら10年後に発症してしまった方もいます。

Q2 過去に熱性けいれんを起こしたことがあるのですが、予防接種は可能ですか?

A2 接種は可能です。蓮田市の「平成30年度蓮田市健康カレンダー」には、熱性けいれんを起こした場合、集団接種の場合は6か月以上様子を見てから接種となっていまが、当院では診察、相談のうえ6か月以上経たない場合でも接種できる場合があります。先生に相談してください。

Q3 卵(鶏卵)アレルギーがあるのですが、予防接種は可能ですか?

A3 卵アレルギーによって全身症状やアナフィラキシーを起こしたことがなければ、接種は可能です。鶏卵を用いて製造されるワクチンは、インフルエンザワクチン、黄熱ワクチンの二種類で、卵アレルギーの人は要注意です。そのほかのワクチンにも、鶏卵タンパク質に構造の似た物質を含むものがありますが、鶏卵アレルギーを理由に、接種できないということはありません。先生に相談してください。

Q4 当日、予防接種後の激しい運動(水泳、マラソン、ラグビーなど)はダメですか?

A4 ダメです。その日は激しい運動は控え、いつも通りの生活をしてください。接種後1時間から入浴は可能です。

Q5 妊娠しているのですが予防接種は可能ですか?

A5 生ワクチンは不可、不活化ワクチン、トキソイドは可能です。ワクチンには大きく分けて生ワクチンと不活化ワクチン、トキソイドの三種類があります。そのうち生ワクチンは本物のウイルスを極めて弱毒化したもので、胎児に影響を与える可能性を完全には否定できません。従って、生ワクチンである、麻しん(はしか)、風しん(3日はしか)、水痘(みずぼうそう)、おたふくかぜのワクチンは妊娠中に接種することはできません。また、接種後2か月は避妊することも重要です。

 

赤ちゃんのピクピクした動きについて

乳児は脳が未熟なため、ピクピク動くことよくあります。しかし、普段とは違うピクつきやその頻度がいつもより多いなど、おかしいなと思った時には受診されることをお勧めします。当院でも、難治性てんかんや脳腫瘍が原因であったことがあります。

医療費助成制度対象の方へ

蓮田市子ども医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度、重度心身障碍者医療費助成制度、対象の方は毎回保険証と受給者資格証のご提示をお願いします。

予防接種の同時接種はできますか?

同時接種は可能です。

当院も同時接種はしていますが、患者家族様の希望がある場合のみです。国の定期接種規定は、1回1接種となっており、同時接種についてはあくまでも医師の判断により可能ということであり、同時接種で重篤な障害が残った場合に、患者様が国家で救済されるかについては不明です。

ただし肺炎球菌ワクチンは単独接種をお勧めしています。

予防接種について

当院で接種可能なワクチンは不活化ポリオ、4混、2混(DT)、ヒブ、小児及び成人用肺炎球菌、麻疹、風疹、おたふくかぜ、水痘、麻疹風疹混合、日本脳炎、破傷風、BCGA及びB型肝炎、ロタ、インフルエンザ等です。二日前までに電話連絡をお願いします。ご来院される際には、予診票、住所の確認できるもの、母子手帳をお持ちください。また、接種当日の朝の検温も忘れずにお願いします。

予防接種の同時接種について

当院も同時接種はしていますが、患者家族様の希望がある場合のみです。国の定期接種規定は、1回1接種となっており、同時接種についてはあくまでも医師の判断により可能ということであり、同時接種で重篤な障害が残った場合に、患者様が国家で救済されるかについては不明です。