予防接種Q&A集(その1)

Q1 予防接種をすればその病気にかかることはないのですか?

A1 予防接種を受ければ、接種した多くの人がその病気に対する免疫(抗体)を獲得しますが、その効果は決して100%ではありません。例えば、インフルエンザに対するワクチンでは総じて70~80%と言われていますし、はしかの予防接種を二回受けていても、残念ながら10年後に発症してしまった方もいます。

Q2 過去に熱性けいれんを起こしたことがあるのですが、予防接種は可能ですか?

A2 接種は可能です。蓮田市の「平成30年度蓮田市健康カレンダー」には、熱性けいれんを起こした場合、集団接種の場合は6か月以上様子を見てから接種となっていまが、当院では診察、相談のうえ6か月以上経たない場合でも接種できる場合があります。先生に相談してください。

Q3 卵(鶏卵)アレルギーがあるのですが、予防接種は可能ですか?

A3 卵アレルギーによって全身症状やアナフィラキシーを起こしたことがなければ、接種は可能です。鶏卵を用いて製造されるワクチンは、インフルエンザワクチン、黄熱ワクチンの二種類で、卵アレルギーの人は要注意です。そのほかのワクチンにも、鶏卵タンパク質に構造の似た物質を含むものがありますが、鶏卵アレルギーを理由に、接種できないということはありません。先生に相談してください。

Q4 当日、予防接種後の激しい運動(水泳、マラソン、ラグビーなど)はダメですか?

A4 ダメです。その日は激しい運動は控え、いつも通りの生活をしてください。接種後1時間から入浴は可能です。

Q5 妊娠しているのですが予防接種は可能ですか?

A5 生ワクチンは不可、不活化ワクチン、トキソイドは可能です。ワクチンには大きく分けて生ワクチンと不活化ワクチン、トキソイドの三種類があります。そのうち生ワクチンは本物のウイルスを極めて弱毒化したもので、胎児に影響を与える可能性を完全には否定できません。従って、生ワクチンである、麻しん(はしか)、風しん(3日はしか)、水痘(みずぼうそう)、おたふくかぜのワクチンは妊娠中に接種することはできません。また、接種後2か月は避妊することも重要です。

 

予防接種の同時接種はできますか?

同時接種は可能です。

当院も同時接種はしていますが、患者家族様の希望がある場合のみです。国の定期接種規定は、1回1接種となっており、同時接種についてはあくまでも医師の判断により可能ということであり、同時接種で重篤な障害が残った場合に、患者様が国家で救済されるかについては不明です。

ただし肺炎球菌ワクチンは単独接種をお勧めしています。

自費診療でできることと、料金を教えてください。

自費診療の料金表です。ワクチンは公費(無料)で接種できる場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。(税込み)

水痘(みずぼうそう)・帯状疱疹(たいじょうほうしん) ¥8,100
麻疹(はしか) ¥6,480
風疹(三日はしか) ¥6,480
麻疹風疹混合 ¥9,180
破傷風 ¥3,240
おたふく ¥6,480
A型肝炎 ¥8,100
成人用肺炎球菌 ¥8,640
ロタワクチン(2回接種) ¥9,720
ロタワクチン(3回接種) ¥16,200
乳児健診 ¥3,780
血液型診断 ¥2,484
診断書作成 ¥4,320
脳梗塞検査 ¥10,260
ぎょう虫検査 ¥2,484
ビタミンK2シロップ ¥1,080
トキソプラズマ抗体検査 ¥4,125
各種抗体検査(麻疹・風疹・水痘・おたふく)

1種類¥5,400

2種類¥8,100

3種類¥10,800

4種類¥13,500